今非常に人気ですが、果たして本当に良いものなのか「ディセンシア 感想」の感想は本当なのか、しっかりと検証します!

 

敏感肌用としてとても評価の高い美白化粧品ディセンシア「サエル」を実際に試した体験レビューをご紹介します!

 

私は41歳の主婦をしておりますが、10代の頃に部活などで日焼けを繰り返していたせいか、肌のシミやくすみが多くなってきました。

 

さらに出産による影響なのか、それまで使っていた化粧品が肌に合わなくなり、使うと赤み・かゆみが出るようになりました。

 

それからは敏感肌用の化粧品を使用したのですが、あまり効果が出なかったり赤みやかゆみが出たりと、
どれもイマイチな結果でした。

 

シミやくすみも年々酷くなる一方なので半ば諦めていたのですが、友人からディセンシアの「サエル」を紹介して
いただき、私はすぐにサエルについて調べてみました。

 

すると10日間お試しできる「サエル トライアルセット」を見つけ、試してみることにしました。
体験レビューを書いていきたいのですが、まずは私が調べた内容について載せていきたいと思います。
※体験レビューは最後に載せますね。
※ディセンシアには他にもアヤナスといったシリーズもあります。こちらは「アヤナス 感想」が参考になります。

 

シミやくすみの原因

 

私はサエルについて調べようと思いましたが、「そもそもシミやくすみが出来る原因って何?」と思い、
肌についても調べてみることにしました。

 

肌について調べると「メラニン」という単語をよく目にします。
誰でも一度は聞いたことがあるかと思いますが、「メラニン=悪いもの」と思っていませんか?

 

確かにメラニンは紫外線によって生成され、シミやくすみの原因となりますが、実はこのメラニンは人間にとっては
必要不可欠なものです。
肌の内部でメラニンが生成されないと、人はあっという間に皮膚ガンになってしまいます。

 

肌は紫外線などの刺激を受け、メラニンが生成されると、肌の細胞はメラニンを肌表面へと押し上げて角質となり肌を
守るためのバリアにします。
つまりメラニンが無いと、紫外線などから肌を守ることが出来なくなり、皮膚ガンを発症してしまう恐れがあります。

 

肌へと押し上げられたメラニンは角質として、最後に剥がれ落ちます。
これが健康な肌のサイクルとなります。

 

じゃあどうして「メラニン=悪いもの」というイメージがあるのか?

 

それはシミやくすみが出来る原因にあります。
原因は主に2つ。

○メラニンが必要以上に分泌される
○要らないメラニンがうまく排出出来ない状態

この2つになります。

 

どんなにメラニンを排出しようとしても分泌される量が多ければ、排出は間に合いません。
逆にメラニンの量が少なくても、排出されなければそのまま肌内部に残ります。
つまり供給と排出のバランスが大事なのですね。

 

 

敏感肌とシミやくすみは関係があるのか?

 

じゃあ敏感肌はそこまでシミやくすみとは関係ないの?
いえ、実は敏感肌の人はシミやくすみが出来やすい状態なのです。

 

人の肌は「角層」「表皮」「真皮」の3層から出来ていますが、敏感肌は肌表面の角層が弱い
つまり肌本来のバリア機能が弱まった状態となります。
角層は肌を守る役目を持っていますが、敏感肌は角層が弱いために少しの刺激で、角層がボロボロになってしまいます。

 

すると、めくれた角層の間から水分が抜けて乾燥した状態となり、同時に肌内部へ刺激が入り込みやすくなります。
刺激が肌内部の「表皮」まで到達すると微弱な炎症が起きてしまい、シミやくすみの原因となる刺激物質が発生します。

 

結果、刺激物質によりメラニンが過剰に分泌されてしまい、シミ・くすみが定着します。

 

つまり敏感肌は肌内部で刺激が起きやすくメラニンが過剰分泌されやすいといえます。

 

 

「サエル」がシミ・くすみにどう作用するの?

まずはサエルの特徴について載せていきたいと思います。

 

○特許応用技術で敏感肌のバリア機能をサポート
 敏感肌の弱ったバリア機能を特許応用技術の「ヴァイタサイクルヴェール(R)」がサポートします。
 「ヴァイタサイクルヴェール(R)」とは角層に代わって肌の表面を覆い外部刺激から肌を守り、角層をサポート。
 同時に通常のセラミドの4倍の浸透力を持つ「セラミドナノスフィア」が肌を徹底的に保湿します。

 

 セラミドナノスフィアとは人の体にあるセラミドと全く同じ構造の「ヒト型セラミド」です。
 このセラミドナノスフィアを肌の奥まで届くようにナノサイズにしてカプセル化。
 敏感肌の隙間の開いた角層にピッタリと適合し、保湿効果・バリア機能をサポートします。

 

○白様雪(R)
 サエルにはアシルセラミドが配合されています。
 アシルセラミドとは肌内の水の層をキレイに整える役割を持っており、透明感のある肌をもたらします。

 

○土台作りとして3つの天然成分を配合
 コウキエキス…厳選したコウキの葉から採取した「コウキエキス」が配合されており、外部刺激によって起きたゆらぎを鎮める
        効果があります。

 

 ムラサキシキブエキス…一般的な抗酸化のスーパーオキシド分解、フリーラジカルの消去、活性酸素によるダメージ抑制など
            高い抗酸化力がある。

 

 アルニカエキス…抗炎症、血行促進の働きがあります。

 

以上の特徴がありますが、これがシミやくすみにどのように効果がでるのでしょうか?
サエルは4つのポイントで徹底ケアをするようです。

 

1.メラニン生成前
  チロシンと合体することでメラニンとなってしまうチロシナーゼの発生を抑えて、メラニンの素が生まれないようにする、
  ポーラ研究所オリジナル成分のエスクレシドが配合されています。
  さらにアルブチンという成分が、チロシンがチロシナーゼと合体する前に合体し、チロシンを寄せ付けません。

 

2.メラニン受け渡し時
  メラノサイト内で発生したメラニンは表皮細胞に渡されることで、外から見えるシミやくすみになります。
  セイヨウノコギリソウエキスがメラノサイトから表皮細胞にメラニンが受け渡されるのを抑制します。

 

3.メラニン生成時
  メラニンには肌色(フェオメラニン)と黒色(ユーメラニン)の2種類が存在します。
  デイリリー花発酵液がメラニンが生まれる際に肌色メラニン化を促進させる物質をサポートします。

 

4.メラニン黒化後
  チロシンとチロシナーゼは合体を繰り返す度に酸化して、黒色になります。ムラサキシキブエキスが高い抗酸化力でメラニンの酸化を抑制し、
  さらにビタミンC誘導体が黒くなってしまったメラニンをもとの白いチロシンとチロシナーゼの状態に還元します。

 

このように4つのポイントでシミやくすみに働きかけるようですね。

 

 

体験レビュー

今回私は「サエル トライアルセット」を試してみたのでその体験レビューを載せていきたいと思います。

 

購入してから3日で自宅に届きました。

 

 

サエル トライアルセットのセット内容

○ホワイトニング ローション 14mL
○ホワイトニング エッセンス 8mL
○ホワイトニング クリーム 9g

 

ローションの使用感

少しとろみのある無色透明な液体で、肌にのせるとスーッと馴染む感覚があり、しっとりとうるおいを感じます。
ピリピリ感などは一切ありませんでした。

 

エッセンスの使用感

乳液かと思っていましたが、意外にもサラッとした透明な液体で化粧水のような感じです。
ローションと同じような感覚で使用しました。
サラッとしていますがしっかりと保湿しているような感じはあって、ピリピリ感はありません。

 

クリームの使用感

アヤナスのクリームに比べるとベタベタ感は少ないですね。
伸びがいいので少量でも十分使えます。

 

使用後の感想

10日間使用しましたが、ローションとエッセンスは3分の1ほど余り、クリームも半分ほど余りました。
コスパとしてはなかなかいい感じですね!
おそらく15日くらいは使えるのではないでしょうか。

 

肌のシミやくすみは劇的な変化は感じられませんでしたが、少しだけシミ・くすみが薄くなったと感じました!
10日間のトライアルセットなので仕方ないことなのかもしれませんが、1ヵ月程使えばしっかりと効果を感じることが出来るかと思いますね!

 

肌の赤みやかゆみなどの異常も出なかったので敏感肌でも問題なく使用できました!
個人的には肌に異常が出ないことが1番嬉しいですね(^^)
敏感肌の方には是非オススメです!

 

 https://www.decencia.co.jp/サエル先着キャンペーン/